ブログ

占いは依存するのではなく味方につけるもの (開運引っ越し恵比寿・宇都宮)

こんにちは、開運鑑定士村野です、不安定な土用期間でイライラモード発令中の方も多いようですが

私のLINEには生まれたばかりの赤ちゃんの写真、別なお客様からは結婚式の写真が届き、幸せのおすそわけをいただきました。

幸せの氣は周りを幸せにして、マイナスの氣は周りをマイナスにする

氣(波動は)は移るんですよね~(笑)

 

昨日常連のオーナー様が、

「以前いろいろな事が上手くいってなかった時は、方位取り、他の開運、占いなどをけっこう馬鹿にしていた

でも不思議なもので、物事が上手くいくようになり、心の余裕も出たことで、開運を信じ、自分の気持ちが一番変わりました」と・・・

言っていたのが、印象的でした。

 

私自身も開運を始めたばかりのころは、「どんな良い事が起きるのか」ばかりを考えていました

良い流れを作るには、自分自身の内面ときちんと向き合い、自分のダメな部分と向き合うことが必要になりますが

誰しも自分のダメさを知る事は決して気持ちの良い事ではありません。

 

必ず開運出来る人の特徴は自分と向き合える人

 

運気が上がらない人は、占いに依存して

普通の人は、占いを馬鹿にして

上手くいっている人は、占いを味方につけて

 

さあ~皆さんは、占いとの関係性はどこにありますか?

 

先日娘のパスポート申請にアメリカ大使館に行ってきました、

若い時から海外に住みたい夢がありましたが、どんどん抱えるものが増えてこの夢は実現できていませんが

いまだ一度は住んでみたい・・

憧れからか、アメリカのパスポートを見るとテンションが上がる私です~(笑)

 

今年は中盤以降海外の方位取りがあるので、楽しみです、

7月は重なり月で方位の効果が少しだけ高まりますので、行ける方はぜひ海外方位取りに出かけてみてはいかがですか?

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る