ブログ

平成最後に日にしておくこと   占い恵比寿・宇都宮

こんにちは開運鑑定士村野弘味です、

いよいよ本日で平成が終わり、令和がスタートします。

平成の31年間を振り返ると皆さんはいかがでしたか?

私自身の人生も、令和が最後の年号になるのか、もうひとつ新しい年号まで人生が続くのかは

わかりませんが、一番濃い人生の時代だった事は間違いありません。

 

楽しい事もたくさんあった反面、正直大変な事もたくさんあり

何度も心折れ、生きる意味も分からなくなっていた時代があります。

今の私からは想像できないと思いますが~(笑)

 

自分が大変な渦の中にいた時は気が付けない事もたくさんありましたが

今多くの事が落ち着き、心穏やかに過ごせる時が多くなった今、

当時を振り返ると、あの当時の経験が自分を磨いてくれた事は間違いありません。

 

あの辛い経験がなく、順調な楽しい人生を送って来ていたら、鑑定士の仕事にも出会えなかったことでしょう

今では鑑定士になるための、神様からのプレゼントだと思っていまます。

そして日々の生活の中、何か問題があると「神様は何を伝え教えたいのかと」と自分と向き合い

過ごすようにしています。

 

自分で問題と向き合い、自分の問題点に気づくことが出来ると、同じような問題で悩むことはなくなりますが、

気が付かないと、神様が「まだ気が付かないの?」と、どんどん同じ問題から解放されることはないようです。

 

平成最後の時の波(つまり今日の気持ちの波)は令和に大きく影響することになります。

誰かと争って令和に入ると、その気持ちはずっと続くことになるのです。

 

新しい時の幕開け前に、少し自分と向き合う時間をつくり、陰のマイナスの気持ちは平成に置いていきましょう、

そして新しい令和に向け、陽のプラスの気持ちを多く自分に取り入れ、感謝の心で氣を整えてスタートしてください。

 

GW中で家族でお過ごしの方も多いと思いますが、夫婦喧嘩・親子喧嘩は気を付けてください

イラっとするのもご法度です~(笑)

 

 

寒い日が続き、我が家は蒔きストーブに火が付きました。

パパの妹家族が集まりちびちゃんたちが勢ぞろい、家が壊れる勢いですが、

笑いと癒しの波動が蔓延中~(笑)

私と1つしか年が違わない妹はすでに3人も孫がいるおばあちゃんなのです。

 

平成最後の日は子供たちに癒され、令和初の運気つくりと向き合日となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る