今年の運勢

通常の行動にかかわる運勢は、ほとんど毎月の運勢で判断していきます。
体感しやすく、一番現実的に役に立ちます。
とにかく、これを軸に判断してくださいね。

一白水星
二黒土星
三碧木星
四緑木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星

 

■ まずは、自分の本命星をチェック!

今年の運勢・毎月の運勢を読む前に、先ずは下記の早見表で自分の本命星をチェックしてみて下さい。

umareboshi

tanjyoubi

◆注意点◆

気学(風水)の一年間は旧暦です。 節分が元旦になります。基本的に2月4日に始まり、翌年の2月3日に終わります。ですので、例えば昭和42年1月生まれの場合、気学上は「昭和41年生まれ」と見なします。

運勢の中に出てくる☆大吉とか▲凶と言うのは、表面的に成果が出やすいかどうか
の評価ですので、▲凶の年は全てがボロボロ・・・と言うわけでもありませんし、
☆大吉の年は全てがバラ色!と言うわけでもありません。

▲凶の年でも、その年のメリットがあります。
それを生かすとともに、その後数年間の運気を見据えて準備に徹すれば非常に有意義に使える場合もありますし、☆大吉の年でも、弱点はありますので、方向性を誤れば全く意味の無い年になることもあります。
今年の運気のメリット、デメリットを理解して、今後数年間の運気を見据えて、今年やるべきことを確実にこなすように努力しましょうね!

● 作用の出方は?
これはお味噌汁で言えば出汁のようなもの。
一年を通しての運勢は、通常の実生活にハッキリは出てきません。
何かにチャレンジしたり、何かでピンチになったりすると、実感できるでしょう。
ですので今年の運勢が悪い場合、毎月の運勢が良くても油断しないで慎重にね。
表面には出なくても、あなたの運気のベ-スは今年の運勢です。
くれぐれもお忘れなく!

● 主な対象は?
一年を通しての運勢は、主に人生の中での大きな出来事に作用します。
例えば、結婚、就職、進学などの大きな節目、転職、独立、離婚などの人生の曲がり角、相続、家を買う等の大きな出来事、等です。
上記のような場合は、占いニュースの「毎月の運勢」だけではなく、今年の運勢をよく考えて物事を行ってください。

● 今後3年の運気も重視!
運気が高いときは物事はうまく行きます。でも、問題はその後!
運気が大吉の時に物事を始めれば一時的にうまく行きますが、後は落ちるだけ。
逆に大凶でも、次の年から運気が上がるのであれば
じわじわ物事を始めてしまっても良いのです。
基本的に大きな物事は、運気が下がったときに始めて運気の上昇とともに進めて行くのがよいでしょう。
くれぐれも、運気が上がり切った時に調子に乗って物事を拡大したり、
新しく始めないようにね。

● 良いことがないのは、何の影響?
今年の一年を通しての運勢は、あなたのバイオリズムです。
ですので、基本的に記載されている運勢のようになりますが中にはならない人もいます。
大凶の年なのに大吉だったり、大吉の年なのに大凶だったりする場合があります。
大凶の年に大吉なのは良いことですね。
方位取りがうまく行って、極端に運気が上がったのでしょう。
でも問題は、大吉の年に良いことが何もなく大凶の人生を歩んでしまう場合です。
この場合は、悪い方角に行きすぎて運気が極端に下がったことが考えられます。
思い当たる方は早急に鑑定を受けて、必要であればリカバリ-を行った方が良いでしょう。
大凶の年に大凶なのは何の心配もありません。
バイオリズムが上がれば、運気も上がります。
でも、大吉の年に大凶だった方は、十分注意してくださいね。

ページ上部へ戻る