転居の極意

方位転居とは?

■ 良い方角に転居することを指します。
気学上の「転居」の定義は、寝る場所が変わることです。なので、荷物や家具を移動させただけでは、転居にはなりません。逆に、荷物や家具は運ばなくとも、寝る場所が変われば転居になります。

■ 方位転居の効果は?
吉方位へ転居した場合の効果は、お味噌汁に例えると、「だし」の部分。よく味わって食べないと、昆布なのか、鰹節なのか判断できません。方位転居の効果もそのようにすぐには実感しにくいのですが、根底の運気が底上げされます。驚くほど良いことはなくとも(ある人も多いです)、なんとなく物事がうまくいきます。また、自分の良い面が引き出され、悪い面が引っ込んだろ、性格に余裕ができるので温和になったりします。それによって、人を引き寄せますので、公私ともに新しい出会いが増えるでしょう。つまり、潜在的な能力が強化されるので、様々なことに無理が利き、公私ともに確実に運気が上がります。そして、その効果は、そこに住んでいる限り、基本的には半永久的に持続します。

■体感するまでには、どのくらい時間がかかる?

良い方角に転居しても、すぐには、

「運気が上がった!」

とは気がつかない場合が多いのですが、後々よく考えてみると、

「そういえばあの頃からお金に困らなくなった……」

といった感じに、辻褄が合っていきます。

このことは、凶方位に転居した場合でも同じ。凶方位に転居したからといって、その時点ではほとんど体感はありません。でも、そこからそこはかとなく運気は落ちていきます。つまり、「最近良いことがない」と感じている方の大半が、凶方位転居者であることも多いのが特徴です。数年して初めて気づくというパターンもありますが、いずれにせよ、吉方位へ転居を行えば、確実にそのモヤモヤした気分はすぐに減っていくでしょう。

アナタが今住んでいるところへは、 良い方角で引っ越していますか? もしかしたらアナタの未来には、もっと大きな可能性があるかもしれませんよ。

 

凶方位転居の恐怖

■ 凶方位の転居の恐怖!「呼ばれる」

凶方位に転居した場合も、決定的に悪いことがすぐに起こるとは限りません(方角によっては起こりますが)。特に悪いことはないけれど、良いこともない、といった状態がズルズルと継続します。

そう、つまり吉方位転居とは反対のことが起こるのです。

自分の中の良い面が引っ込み、悪い面がクローズアップされる。私を例に挙げてみますと、私はとても積極的な性格をしていますが、

仮に良い方角へ引っ越すと、いい意味で「積極的」だと理解してもらえます。しかし、悪い方角に引っ越した場合は、強引すぎると解釈をされてしまい、最終的には周りが離れていってしまう。人間は誰しも欠点と長所が表裏一体ですが、悪い面が思いきり出てしまうだけでなく、公私ともに良い出会いが激減するでしょう。ということは、恋愛運も低下し、なかなか恋人ができない場合が……。

凶方位転居は、さらに恐ろしい効果があります。転居で運気の下がった人は身体がマイナスで満ちるため、マイナス方向へひきつけられるようになってしまうこと。会社の出張や旅行など、普段から凶方位に用事ができてしまうのです。これを、「凶方位に呼ばれる」と言います。さらに、凶方位が凶方位を呼び、悪循環でますます運気が落ちていくのです。そうなってくると、もう大変。金銭問題、身体の不調、事故など悪い出来事が起き、多くが気づくのは数年後……。たった一度の転居で、10年~15年を無駄にするのは簡単なことなのです。

 

■ 方位取りでは根本的な回復は不可能

では、凶方位に転居した場合の治療法。これは、大吉方位に転居しなおすしかありません。このようなリカバリー転居の場合、どのエリアに引っ越すかが重要になってきますので、詳細は鑑定をご依頼ください。

「引っ越しはすぐにはまだできないんです……」

といった場合は、それまでの間、方位取り(旅行)で回復させたいところです。が、すべての回復は不可能と思っていてください。方位取りで得られる運気は体感しやすいのですが、基本的に効果は4ヶ月くらい、海外の方位取りでも約1年しか持続しません。凶方位転居の効果を一時的に打ち消すことはできますが、治療ではなく対処療法。根本的な改善にはなりません。

■ そうかといって、リカバリーはかなり大変
先ほどの話。引っ越しなおすという件ですが、簡単そうに言いましたが、実はそう簡単にはいきません。凶方位に転居すると身体中がマイナスになっているため、吉方位へ移動しようとすると、なんと弾かれてしまうのです。これを、「魔が入る」といいます。

その代表的な「魔」は、やる気です。運気の落ちた人ほど、良い方角へ行こうとする意欲が起きません。また、出発直前になってお金がなくなったり、体調が悪くなったり。最終的には引越し可能な物件が出てこなかったり……。運気が落ちた人が良い方角に転居しようとすると、大きな障害が立ちはだかり、それを乗り越えようとするには、とてつもなく大きな精神力が必要になるのです。

このように、凶方位に転居すると、長期間に渡り人生をムダにすることになります。気がつかなければ一生そのまま。例え気がついたとしても、上記のような多大な手間と精神力が必要になります。

転居とは人生において最も重要な作業のひとつ。アナタのこれからの未来をムダにしないように、私が全身全霊をかけてお手伝いをさせていただきます。

 ※ 【ご案内】 良運を呼び込み、運気を底上げする☆吉方位転居ラクラクパック!
運気を上げる転居(方位転居)をされたい方の為に、気学鑑定士兼、不動産業経営者である私、村野洋見が時期、方位、家相、その他条件(家賃などのお客様のご要望)など配慮した上で、引っ越し物件をお探し致します。

らくらくパックのご案内

 

お部屋探しのポイント

転居の絶対条件は、大吉方位であること。その次に大事なのは、極端に運気を落とさない部屋選びです。賃貸住宅を探す場合の着目点を参考用に挙げてみましたので、ご自分の住む家と比べてみてください。

■ 日当たりが良いこと!

日当たりの悪い部屋は極端に運気を低下させます。部屋の中で最も大きな窓がある方向が、部屋の向きとなります。その向きが東から南であり、直射日光が部屋の中に差し込むことが大事です。

※ 不動産屋の資料の「南向き」と言う言葉はあまり当てにしないように。西南向きでも「南向き」と表示してあるケースは多いので注意。

■ 部屋の形が長方形又は正方形であること!

賃貸ならば、借りている場所のトータルの形、居間とキッチン、バストイレ全部合わせた形が重要です。これが正方形か長方形であることは必須。どこかに出っぱりがあったり、逆に引っ込んでいたりする場合は、予想60%の確率で凶作用が出ます。

※ 柱、メーターボックスなどが引っ込んでいる分や、出窓、ベランダの形はのぞく。

■ 寺社仏閣、墓地に隣接していないこと。
これらに隣接していると、極端に運気が低下します。可能であれば500m、やむをえない場合でも300mは離れたところを選びましょう。

■ 井戸を埋めていないこと。
マンションであればそこまで大きな凶作用は出ませんが、一戸建ての場合、井戸の埋め立ての上に居住すると、かなり大きく運気低下します。そのほか、いわくつきの土地やマンションなどは、内容をチェックした上、鑑定をして決めましょう。

■ 川、池に隣接していないこと。
特に池、沼はNG。川は綺麗な川であればほとんど問題は無いのですが、どぶ川は避けたいところ。可能であれば300m、やむをえない場合でも100mは距離を取るのがおススメ。

そのほか、重病の病院に隣接していないこと、騒音が激しくない場所、高圧線の下、10年以下の埋め立て地、極端に家賃が安い集合住宅、歓楽街の真ん中など、近くにあるスポットはチェック。

 

 

最後に、転居のスケジュールへのアドバイス

何度も言いますが、気学上の転居の定義は寝る場所が変わることです。そして、その土地の気に身体が染まりきるには、最低でも60日間(無外泊)。さらに、転居日や一日の時間割り、外泊の規則など、転居するにあたっての注意点など、細かく分け始めたら多大にありますので、まずは転居をすると決めたら、その意欲を自分で最大限に活かしていくこと。

「そう! 絶対に自分は幸せになる。運気を挙げると決めて、引っ越しをするんだ」

こう思ったときが、転居時です。

方角は、絶対に噓をつきません。皆様も、良い方角に転居して、有意義な人生をおくってくださいね!

※ 【ご案内】 良運を呼び込み、運気を底上げする☆吉方位転居ラクラクパック!
運気を上げる転居(方位転居)をされたい方の為に、気学鑑定士兼、不動産業経営者である私、村野洋見が時期、方位、家相、その他条件(家賃などのお客様のご要望)など配慮した上で、引っ越し物件をお探し致します。

らくらくパックのご案内

ページ上部へ戻る