ブログ

占いには大きく分けると3種類の占いがあります。(気学)

先日、娘の遠足のお弁当の買い出しに久々にスーパーに行きました・・・

ばったり中学校の同級生に遭遇、久々におばちゃんの色端会議状態~(笑)

○○ちゃん病気で亡くなったのよ・・・

○○ちゃんアルチューで入院中・・・

まあ~いろいろ情報の持ち主~(笑)

しかし友達ががんで亡くなる、もちろん悲しい事ですが、改めてそのような年代なんだと

確認する、ついつい健康で過ごしていることが普通と思ってしまいますが、普通でいられることが

素晴らしいことだと改めて感じた瞬間でした。

 

さて本題です。

占いには大きく分けると3種類に分けられるのはご存知ですか?

命術「メイ」・・・・生年月日、生まれた時間などで生まれ持った性格、運勢など判断します。

九星気学・四柱推命・算命学・紫微斗数・星座・数秘・O学・六星占術など

生まれた時から、一生変わらない。

 

朴術「ボク」・・・偶然なタイミングなどで、今現在・近い将来・人の移り変わる気持ちなどを判断します。

タロット・易・ダウジング・おみくじなど

その時、その時で変わります。

 

相術「ソウ」・・・命と朴の中間で、対象を外側から見て状態を判断します。

手相・人相・風水(家相)・姓名判断

どの占いにも得意、不得意はあります

私が主に鑑定しているものは命に属し

今日○○が起きます・・・

今の○○さんの気持ちは正直わかりません~(笑)

また生まれもった性格により、どの占い好きかもある程度分かります。

鑑定内容におおじて使い分けるのもありかと思います~(笑)

だたいろいろな占いだけを頼り、努力しない占いジプシーにはなりませんようご注意ください。

 

 

 

 

 

  • 占いには大きく分けると3種類の占いがあります。(気学) はコメントを受け付けていません。
  • 人生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る